あるびん・いむのピリ日記

cookieimu.exblog.jp
ブログトップ

『今、会いに行きます』韓国の試写会で好評!

いろいろと、日韓を分ける、波濤も荒い海の真ん中の岩島をめぐって議論喧しい昨今、私の大、大、大好きな、この映画の試写会が韓国で開かれたようです。
c0018642_18245524.jpg

(C)Amazon



c0018642_21231491.jpg
映画館で3回見ました(^^)もちろん、市川さんの原作本も読みました。映画とはまた違った情緒があって、これも素敵でした。そして、「ずっと、ずっと、あなたのそばに」--澪の物語、も読みました。ちょっとセンチだったけど、母は強いなぁ…と。絵本も買ったよ。「アーカブイ?」祐司、カワイイ!さすがイングランドの王子様♪DVD初回限定BOX、もち予約(^^)v。それになんていっても中村獅童!彼の、あの何でも吸い込んでしまいそうな純粋な魂の悲しみを湛えた演技なしには、この映画は成立しなかったでしょう。
c0018642_2124631.jpg
この本や映画には、滴るような家族愛の源泉がたっぷりとつまっていますが、大切なのはそれだけじゃなくって、「人生とは、何かを前向きに選び取り、掴んでいくこと」の大切さを教えてくれていることにあると思います。それがたとえ悲しい別れや、絶望の淵にあるときでも…。この、シンプルだけど力強い人間賛歌が好きです。そして--、僕が韓国の映画やドラマに惹かれるのも、もちろん予定調和やケンチャナヨ精神満載でも、この限りないピュアで力強い、命に対するてばなしでの愛情…ということを感じるからでしょう。
c0018642_212444100.jpg
そんな時に、起こってしまったまたしても両国の感情的なすれ違い…そんな中での、大好きな映画のリビュウには、皮肉や辛口のコメントに満ちているかと思っていましたが、先ほど開いた「スポーツ朝鮮」のリビュウは、好意的な言葉と眼差しに溢れていてびっくりしました。その一部を抜粋しますと…

「水煙立ちこめるような湖畔を走る自転車, 朝日ざしに伸びつける森, 二人の愛を証言してくれるひまわりなどカメラいっぱい盛られた美しい背景が主人公たちの悲しい愛を観客たちに伝達する.'秋童話' '冬恋歌' など韓流熱風を起こした韓国人気ドラマたちと似ている情緒と感覚が感じられることは, あれほどの両国間情緒差が減ったからだろう. 」
(「スポーツ朝鮮」の親記事はこちら)

ということになります。特にこの「両国間情緒差が減ったからだろう」の一言!なんと暖かで的確な視点なのでしょう。なんだか心がぎすぎすしていたので、嬉しくて涙が出ました。やっぱり、人の心を和らげるものは「愛」です。それも、誠実で二心のない、無垢の愛。私たちがヨン様やビョン様を通じて感じ取っていったのは、こういう心の絆の大切さではなかったでしょうか。
c0018642_2129916.jpg
もう、両国の人々の心は二つに分かれたままではないと、私は信じたい。多少の後退はありえるでしょう。誤解や怒りから来る間違った行動もあるかもしれない。しかし、それらをしたり顔をした両国の政治屋の手に、もう私たちは押し戻したりはしない。日韓友情年…それくらいの心の交流は、確実にあると、この冷静で情愛溢れるリビュウからも、そう思っています。
[PR]
by cookie_imu | 2005-03-17 21:50 | その他邦画・洋画