あるびん・いむのピリ日記

cookieimu.exblog.jp
ブログトップ

韓国管弦楽器発表会

個人情報があるので画像が載せられないのでちょっと・・・と思っていたのですが、
主催した韓国楽器店がネットに載せた画像がありましたので、これならいいか・・・
と思い、発表会の様子を書かせて頂くことにしました(^^)サテ、私はどこでしょう?(^0^)
c0018642_16202558.jpg

そもそも、1年前に始めたピリの個人レッスンもこの楽器店に先生を紹介してもらったのが最初でした。
教えて頂くことになった先生は、日本に音楽の勉強のため留学に来た国楽の専門家の男性で・・・
若いけれど本当に上手で、教え方は厳しいけれどとても人柄のよい方だったので良かったです。
こういう芸事は先生の当たりはずれも大きいですから・・・それに学んでいる楽器が特殊なんで、
気に入らなかったり合わないからと言っておいそれと代わりの人がいるわけでもありませんからね(^^;
そういう意味では、出だしはラッキーだったと思います。



なんと先生は最初、全くと言っていいほど日本語が話せなかったのです。
簡単な会話くらいなら問題ないだろうと軽く考えていた私ですが、先生の使う用語が特殊な音楽用語で!
しかも唇や喉、息遣いに関する韓国語なんて・・・聞いたこともなく(笑)本当に大変でした。お互い、
言いたいこと伝えたいことが良く分からなかったから、先生も相当いらいらしたと思います(爆)

しかも・・・このピリという楽器は、思いもかけないほど音が大きい楽器なのでした。近所迷惑になるんで
とても家では普段、練習のできないほどの大きさです。いきおい、普段の練習場所の確保にも非常に
困りました。やっと見つけた場所は職場の倉庫(苦笑)しかも自分の出す音の酷さ、へたくそさ加減に
とても耐えられず・・・最初の頃は何度止めてしまおうと思ったことか・・・しかし「継続は力なり」と思い、
なんとか歯を食いしばって練習を積み重ねました。今では止めなくて本当に良かったと思っています。

そんなこんなの思いが詰まった初めての発表会でしたので、
出来の良し悪しはともかく自分が初めて演奏を発表できたということがとても感慨深かったです。
演奏された楽器は、タンソという尺八に似たたて笛、それにソグムという横笛、そしてピリと、
管楽器に関してはこの三種類でした。厳密にいえばピリはダブルリード楽器なのですが・・・
(また、プロの方がテグムという大きい横笛の模範演技を見せてくださいましたが・・・)
弦楽器に関しては、へグムという胡弓に似た楽器をグループで習っている方々が主になって、カヤグムや
コムンゴという撥弦楽器も披露されました。「日本初の韓国管弦楽器発表会」と銘打つだけはある、賑々しく
熱心なものであったと思います。サムルノリや農楽の団体は多く、チャングやプクなど打楽器を学んでいる
人や、韓国伝統舞踊を学んでいる方は結構多いと思う(私もチャングは少し勉強しましたが・・・)管弦楽器を
学んでいる人は本当に少なく、そのような意味においても実に画期的だったと思います。

会の後に近くの韓国料理店で行われた打ち上げも大盛会で、主催した楽器店の女社長さんは、
感極まって涙されておりました。それを見て私も思わず胸が熱くなり・・・感激しました。
これを後どのようにどのくらい続けていけるかはわかりませんが、先生が教えてくださる間は少なくとも
なんとか頑張って続けていきたいと思っています。一人でも多くの方に、韓国伝統音楽の魅力を
知っていただきたくて・・・・・・。
[PR]
by cookie_imu | 2009-12-09 16:50 | 韓国篳篥ピリ(觱篥)New!