あるびん・いむのピリ日記

cookieimu.exblog.jp
ブログトップ

ちょっと一息…「おつな寿司」

c0018642_22125941.jpg

六本木の交差点は防衛庁寄りにある、老舗の寿司屋さんである。知っている方は知っている、というお店であるが、いまやこの交差点で三十年以上、変わらないのは、かのアマンドとイタリー料理のシシリア、それに蕎麦のみのち庵とこの店くらいのものではないであろうか。

今日は、実に久しぶりに妻と連れ立って映画(『彼女を信じないでください』)を見に行った。『イルマーレ』以来だから・・・二年ぶりかな?いや、別に仲が悪かったわけではなく(笑)妻も仕事と子育てが忙しかったのである。で、少し遅めの昼食をこの店でとり、「ヒルズ↑」で映画を見る・・・という、実に正統的デートをしてしまった(^^; 夫婦水入らずもたまにはいいもんであると実感。





三十年ほど前、西麻布に住んでいたころ、この店はどちらかというと「しのだ寿司」系の、押し寿司と江戸前との中間を行くような、よくある海苔稲荷を中心に作るような仕出しすし屋であった。そこで先代の(だと思う)店主が、店の展開を図るために?開発したのが「いろいろ巻き」という、生ものを彩りよく含む海苔巻き(細巻き)。当時珍しかったシソ巻きやおしんこ巻きなどやイカ、〆鯖なども混ぜて売り出したのだが、これが大当たり!子供の頃は、ちょっと母親が用事で遅くなると、これを買ってきて家族で食べていた記憶がある。

結婚して居を構えてから六本木も縁遠くなり、二親も亡くなってついぞこの店にも立ち寄らなくなったのだが、今日来てみると、4/27に改装が出来上がったばかりの、出来立てほやほやの高級感漂う江戸前すし店に変身していた。しかし、お値段のほうはそう高くはなく、シソ巻き・海苔巻き共に800円前後でかなりの量があり、二人で食べきれず子供のために包んでもらったほどである。にぎりも、普通に1,500円くらいからあり、六本木のど真ん中だからといってヒビる必要はない(夜に来て、刺身で一杯・・・などしたら別かもしれないが)、庶民的な色合いは健在で嬉しくなった。おすしはとりたてて抜群にうまい、というわけではないが、普通に美味しい。いろいろ巻きは2,000円とちよっと高いけれど、二人で十分な量だと思うので、ヒルズで高くて誠実味のない食事をするくらいなら(爆)、ぜひ一度はお立ち寄りいただければと思う。
[PR]
by cookie_imu | 2005-05-28 22:12 | 各国酒・ごはん