あるびん・いむのピリ日記

cookieimu.exblog.jp
ブログトップ

ブサンシリーズ最終回~人と土地柄~

ついた日はとにかく『ドンマッコル』一本だけを見て、あとは土地勘を養うために、ひたすら南浦(ナムポ、ジャガルチのある中心街)をブラブラした。ブサンに来るのは大昔を含めて三回目だが、全て通過するばかりでゆっくりと見ることはなかったため、いい経験になったと思う。
c0018642_10481793.gif

とはいえ、一泊しかしなかったため、多くを見ることはできなかった。ジャガルチ市場は活気に溢れ、所狭しと魚が並べられ、見ているだけで興味は尽きなかったが、結局、買って帰るか、その場で調理してもらって食べるのでなければあまりその醍醐味は味わえないのだなぁ、ということが分かった。なんだかんだいっても、そういうときには男の一人旅は不利である。有名な、市場ビルにも入ってみた。目の前に並ぶ、新鮮なヒラメ、タイ、アワビ・・・どれも美味しそうなものばかりである。
c0018642_10531570.gif

だけれど、とうてい捌いてもらっても一人では食べ切れない。それなのに、旅行者と見ると(日本語のガイドブック片手なのでバレバレ)とてもしつこく声をかけてくる。一人なんだから無理だ・・・「チョヌン ハンサラム、ヨヘンイエヨ。クロニカ、シクサアンデヨ。」と、へたくそな韓国語で撃退しようとしても、韓国語が少し話せると見るや、余計に人懐っこくすり寄ってくる。「二万ウォンでイイデス。オヤスクシマスヨ!」と、あちらもカタコトの日本語で必死である。よく言えば親切なのだが、その時はあまりのしつこさに辟易して、ちょっと印象が悪くなってしまった。車に追突されそうになったことでもあるし・・・この凄い喧騒とワイルドな生活感、足早に過ぎるスピードにちょっとついていかれそうもないなぁ・・・と思った。



少し文化的なところも見ておこう・・・と思ったので、有名な海水浴場のヘウンデの近い市立博物館に、土地勘がないのでタクシーで行ってみたのだが・・・なんと、これが間抜けなことに月曜で休館。もっとよくガイドブックを見ておけばよかった・・・と、しばし呆然。
c0018642_1117889.jpg

かといって、臨時展示されていた「大英博物館展」を二万ウォンも出してみる気にもならず、結局、近くにあるデウォンという地下鉄の駅から帰ることにした。けれど・・・ガイドブックには「徒歩五分」とあるのに、なかなか駅にたどり着かない。不安になって道を尋ねても、親切には教えてくれるのだが、強いブサン訛りで何を言っているのかほとんど聞き取れない。それでもなんとか歩くこと三十分!ついに地下鉄の駅に自力で?たどり着いた時には、拍手喝采したいほどだった(^^)。地下鉄に乗れるようになれれば、もうこっちのもの!という訳で、昼食を兼ねて、最近ブサン第二の繁華街として急成長しているという西面(ソミョン)に行くことにした。
c0018642_1124469.jpg

ソミョンはロッテブサンデパートもあり、ミリオレも進出してきて、かなりオシャレな雰囲気である。大きめの書店もあり、ナムポやジャガルチよりは落ち着いた感じがする。そこで、これもガイドブックを見て「周囲のサラリーマンの間では安くて美味しいと評判の」ナムヘスサンフェッチプへ。日本語は通じない・・・というし、ナマモノだし、少々、不安はあったのだが、ブサンに来て刺身を食べられないのもあまりに残念・・・ということで行ってみた。しかし・・・お昼時だというのに開店したばかりなのか、客が誰もいない。

不安になって帰ろうとしたところ、店の外で水槽の水を入れ替えていたご主人が、すぐにやってきて、私が多少、会話のできる日本人だとわかると親切に、韓国語とカタコトの日本語のちゃんぽんで、手取り足取り説明をしてくれた。ヒラメは時価で高かったため、写真のメバルの刺身定食を注文。一人のサラリーマンでもOKなランチなのだけれど、ご覧のように食べきれないほどのミッパンチャンがついてきた。でも、刺身はなかなかの美味しさで、堪能した。丁寧に、サンチュやエゴマの葉に、ニンニクや青唐辛子をつけ、コチュジャンを乗せ、包んで醤油(カンジャン)に付けて食べる手際も教えてもらい、とても美味しくフェを食べることができた。サンマの塩焼きまでついてきて、ボリューム満点!なのだが、やっぱりヒラメが食べたかったなぁ・・・

たった一泊だったけれど、いろいろなブサンの側面を知ることができて面白かったと思う。基本的に、人々は皆、暖かく親切で、とても人懐っこかったので嬉しく、いいところだと思ったが、反面、喧騒がすごく、商売っ気が多すぎて客引きもしつこく、それにはとても疲れてしまった。住んでみないと分からないのだろうが、人は好きだけれど土地柄はうーん・・・というのが正直な感想である。ソミョンで昼食後、地下鉄でナムポまで戻り、地下街や街中をぶらぶらと散歩してから、KTXでテグに向かった。
[PR]
by cookie_imu | 2005-08-31 11:42 | 旅(散歩・出張含む)