あるびん・いむのピリ日記

cookieimu.exblog.jp
ブログトップ

憬れの食堂車(식당차)

今日は光復節でお休みです。ですが日本は早朝から騒がしく・・・。しかし、このままAPTに引きこもっているのも非生産的!というわけで、半日の小旅行に行ってまいりました。
c0018642_21145261.jpg

行った先は密陽(ミリャン)というところで、とてもいいところだったんですがそれはまた別にアップするとしまして・・・APTの近くの、辛うじてムグンファ号が停まる小さな駅から列車に乗って行ったのですが・・・実は、私が列車にのる目的は、お題にありますように「食堂車」にあったのです!




私はもともと列車旅行が好きで、「汽車に乗る」という行為自体にワクワクするタイプです(いわゆる鉄道マニアではありませんが・・・^^;)。でも、子供の時は安上がりという理由で家族旅行はいつも家のオンボロ車にギュウギュウ詰め。遠足も修学旅行もバスのことが多く、本当に列車旅行に憬れていました。なので、今を去ること36年前、当時行われた大阪万博EXPO70に、当時最新鋭の新幹線で連れて行ってもらったときの嬉しさといったらもう・・・その上、今は無き「ビュッフェ」というところで父親にカレーライスをお昼に食べさせてもらったんですね。その時の感激と興奮といったら・・・今でもまざまざと思い出すことが出来ます。まあ、今思えば大したこと無かったんですが(笑)、子供心には「列車の中の食堂車でゴハンを食べる」ということは、「デパートの大食堂でお子様ランチを食べる」ことを遥かに凌駕する「晴れがましい食事」だという観念がしっかり出来ちゃった・・・という訳です(^^)
c0018642_21312231.jpg

前置きが長くなりました(爆)。でも・・・長じて大人になっても、大学生のときはボンビーの極みですから夜行列車か夜行バス。ドリーム号や「大垣行き普通」なんていうのに何度も乗ったなあ・・・。で、結婚して子供が出来て、やっと家族で列車旅行ができる大きさになった時には、あら悲しや、「食堂車」そのものが採算取れずと、雲煙のように無くなってしまいましたとさ(涙)
c0018642_2142249.jpg

で、最後に残された「聖域」がこれ・・・言わずと知れた夜行寝台北斗星、別名ブルートレインの食堂車「グラン・シャリオ」です。でも・・・相変わらずボンビー暇なしの私が、家族全員でこんな贅沢をするなんて、夢のまた夢。オリエント急行に乗るのと同じ様なもんです。ところが子供が「ブルートレイン 北斗星」という絵本が大好きで大好きで・・・ああ、何度読まされたことでしょう!その中の一節「グランシャリオは、赤ランプ」という所などは心中号泣しながら読んでいました(激爆)。そして・・・「いつかは俺も、食堂車で悠然とビールを飲みながら飯を食ってやる」と固く誓うにいたったのです。人生の秘められた目的の一つとなったのです(ホントカオイ^^;;)
c0018642_2150658.jpg

・・・で、ネットで時刻表を確認していたとき、このミリャンに停車するムグンファ号の一部に「食堂車(식당차)」が連結されている・・・と知ったときには狂喜乱舞しましたねえ。まあ、京釜線のムグンファはなんせソウルからブサンまでの長丁場ですから、当然そういう列車もあるわけです。「よくぞ廃止されずにいてくれました・・・」と、画面の前で思わず泣き崩れました(大嘘^^;)

だけど・・・ミリャンには何と30分で着いてしまうという近さ・・・そこでゴージャスなスペシャルトシラクは泣く泣く諦め(松花堂弁当みたいな器に入ってました・・・T^T)、36年ぶりのカレーライスとそして遂に!憬れのビールと決め込みました。もちろんレトルト、チンしたカレーですが一応雰囲気は出ているでしょう?ウエイトレスさんも(アジュンマだったけど)光復節だというのに(おまけに誰かさんが某神社参拝もしたというのに!)怪しげな韓国語を喋るイルボンサラムにもとても親切で、車窓も広く、外の眺めも抜群でもう、堪能しまくりで、やっとトラウマを晴らしたかのような(大袈裟だな・・・)気分でした。最高の気分で始まった旅が、悪かろうはずがありません。ということで、次稿「密陽(ミリャン)の蒼い空」に続く・・・・・・♪
[PR]
by cookie_imu | 2006-08-15 22:01 | 旅(散歩・出張含む)