あるびん・いむのピリ日記

cookieimu.exblog.jp
ブログトップ

結婚(결혼)

今朝起きてTVをつけたら、昨日人気コメディ?俳優のキム・スロが結婚式を挙げた・・・というニュースをやっていた。奥さんも芸能人で、なんでも13年、付き合ったんだそうな。
c0018642_22253281.jpg

別に芸能人の結婚は珍しくも何ともないし、ソナさんもつい先だってめでたく華燭の典を上げたばかりだから、とりたてて取り上げる必要もないとは思ったのだが・・・



式の最中だろうか、司会のカム・ウソンに促されて、新婦を背中に座らせていきなり腕立て伏せを始めたのである!しかも「ヨンゴンヒサランハンダ!」とか、屈伸するたびに連呼しながら・・・。その上、それだけに止まらず、次には新婦をお姫様抱っこし、今度はスクワットをしながら「サランハンダ!!」とやっていたのである(画像)。まあ、新婦が小柄でスリムな人だからいいようなものの、いかに芸能人とはいえご苦労さんなこった・・・と、いささか呆れながら見ていた。
c0018642_22402324.jpg

まあしかし、これだけ二人とも幸せそうな顔をしていればそれもいいかな・・・などと妙な納得をしてしまったのだが、後でユニさんに聞いたところ、伝統的に?韓国には結婚式後、新郎の悪友たちによる「この幸せ者めがコノヤロ」的な“新郎いじめ”が結構、行われているそうなのである。初夜の晩に新郎を酔い潰して「役立たず」にしてしまったりとか・・・けっこうヤバイこともするそうである。まあしかし、これは今後の生活の幸せを願って・・・ということなんであろう。

しかし・・・それからはユニさんの愚痴になるのだが・・・、韓国では妙齢?の女性に対する「結婚プレッシャー」がもの凄いんだそうである。昔よりはマシになったとはいえ、とにかく結婚して子供がいないと人間扱いしてもらえないらしい(特に慶尚北道は)。とんだ女性蔑視、人権無視も甚だしいのだが、どうもそこには儒教倫理的伝統を超越した、もっと根深い「ムラ」的人間の繋がりの維持に対する原初的欲求が潜んでいて、今に至るまでそうなっているような気もする。

結婚なんていう形式にこだわらなくったって、サルトルとボーヴォアール(古いな・・・)じゃないけど、配偶者を生きている間に見つければいいんである。そう考えれば気も楽になると思うんだが・・・現実にはそうは行かないらしい。まあもっとも、某大統領のように理想主義的に「他者との融和・共生」を標榜するなら、最も身近な自分の隣に配偶者という「他人」がいること、を理解して、人間は生きていかなくてはならないわけだが・・・(^^;

大したことなくても、怪我なんかすると、妻の有り難さが文字通り「骨身に沁みる」今日この頃である・・・・・・やっぱり、夫婦っていいな(結局そこかい・爆)
[PR]
by cookie_imu | 2006-10-03 00:42 | 韓国エンタメNews小考