あるびん・いむのピリ日記

cookieimu.exblog.jp
ブログトップ

チョパプは鮨ではない

次の画像は、朝鮮日報で「日本が世界に生魚を食べさせるまで」というインタビュー記事に添えられていたものである。
c0018642_1893554.jpg

しかし、この画像はどう見ても韓国風擬似寿司“チョパプ”である。では問題。日本の一般的な寿司との違いをこの画像の中から全て指摘せよ(笑)



1.白身系の魚ばかりで、マグロなどの赤身や光り物、アナゴや煮ハマグリなどが無い。
2.なぜかレモンが添えられている(日本では寿司にレモンは添えない)
3.大葉ではなくサンチュが敷かれている。
4.ガリが薄紅色の新生姜風になっている。
5.タクアンやラッキョウは、普通寿司の付けあわせとしては食べない。ましてやカクテギは論外(爆)
6.物凄い毒々しい緑色の!練りワサビが大量に醤油の中に埋没しているが、普通寿司のワサビは身と酢飯の間に塗られているのであり、刺身でもないのに改めてワサビを醤油には溶かない。
7.吸い物と思しきものが、陶器の猪口に入っている(すし屋では絶対、吸い物は塗り物の椀で出す)
8.招き猫のデザインがヘン(激爆)

あと、寿司皿にハングルは書かないだろ、とか、箸は箸置きに置くもので醤油小皿に置くことはしない・・・など、ケチをつけ始めたらキリがない。そう・・・これはもはや日本の食べ物「鮨」ではないのだ。「炸醤麺」が韓国において独自の変化を遂げたように、「オデン」が見る影もなく変貌したように、これは「チョパプ(酢飯)」と呼ばれる韓国独自の料理で、もはや日本伝統の「寿司」ではないのだ!(下の画像はごく一般的な日本の握りずし。違いは一目瞭然である)
c0018642_1848360.jpg

これは韓国の食べ物を貶めようと思っていっているのではない。ただ、「似て非なるもの」をそのもの本物だ、本場のものと寸分違わぬ・・・と思わせているところに問題があると言っているのだ。このような記事を特集するなら、少なくとも日本のすし屋で写した画像を用いるべきである。

ああ!韓国留学中は何度この「寿司もどき」に落胆させられたことか・・・。大抵はは韓国の人に「そろそろ日本が懐かしくなってきたでしょう」と言って連れて行ってもらった高級日式(イルシク)料理店でご馳走になったものである。が・・・。一目見て吃驚、一口食べて愕然・・・という経験ばかりだった。しかも結構高価である。いや探せば1軒ぐらいは日本と同じ寿司を出す店があったかもしれない。しかし、韓国全土をほぼくまなく旅して回ったが、ついぞそのようなお店にめぐり合ったことはなかった。

そう・・・、これは「寿司」ではない。だが、韓国独自の食べ物「チョパプ」として食べれば、それはそれで美味しいものなのである(好みは別として)。下手に日本食を名乗らず、例えば太巻きとキンパプが独自の道を歩んでともに繁栄を謳歌(!)しているように、堂々とわが道を行けばいいのである。チャジャンミョンがそうであったように・・・。誰もインド人が日本風のカレーを食べているとは思っていない。アレは日本のもはや独自料理である。それでいいのである。食とはそういうものだと思う。
[PR]
by cookie_imu | 2008-01-27 18:49 | 韓国酒・ごはん