あるびん・いむのピリ日記

cookieimu.exblog.jp
ブログトップ

またしてもこの島か

正直言って、もううんざりです。日本人のみならず、一部の韓国人もそう思っているのではないでしょうか。
c0018642_10582758.jpg

以前、韓国に留学していた時もそうでしたが、なんだか国内の社会情勢が騒然としてくると、この島の問題が持ち出されてくるような気がします。今回も同様で米国産牛肉FTA問題で連日ろうそくデモが行われ、民衆と大統領の関係が最悪に達し、その上クムガン山の海浜で、誤って軍事境界を踏み越えた中年女性が射殺される・・・というどうにもやりきれないような事件まで起こってしまい、「一体韓国の内政はどうなってしまうのだろう?」と思っていた矢先の出来事でした。

前回も、ノムヒョン大統領の支持率が地に墜ち、しかも北の核問題が頂点に達していた時期にこの「島」の海洋調査問題が持ち出されてきたような気がします。韓国人のいわゆる「日帝強占期」に端を発する、領土問題に対してのセンシティヴさは理解できますが、それにしてはあまりにもタイミングが悪すぎます(というか、別な意味では良すぎる)。なんだか、根本的に日韓両国の領土問題を友好的に片付ける・・・などと言う意識は全くなくて、完全に「政治問題」それも韓国民の政治意識を、国内の諸問題から逸らすために意図的に利用されているようにしか、もはや私の目には映りません。

「いやそんなことはない。それは、忘れた頃になると執拗にこの島の問題を持ち出してくる日本の右派がいかんのだ」と、韓国人の政府関係者などは言うでしょう。ですが、この世の中に領土問題は掃いて捨てるほどあって、韓国も対北西海境界線や対中国東北工程、間島問題などでどのような対応を相手国に対して取っているかを考えればこの場合も分る事なのではないのでしょうか?仮に過去にあった日韓併合時代の日帝に対するやりきれない思いを考慮したとしても、「償いきれない日本の反省」を配慮したとしても、あまりにも冷静さと両国の友好関係に対する未来志向を欠いた「感情的」行動なのではないでしょうか。

韓国には、「急がば回れ」「損して得を取れ」といったことわざはないのでしょうか(급하면 돌아가라 、などという言い回しは辞書にはあるようですが)。日対中国で言えば大陸棚ガス田共同開発が、賛否両論あるにせよ領海問題や尖閣諸島を日本が「実効支配」している・・・という問題を文字通り「棚上げ」して進行している現在、あまりにもこの「島」のみが、シンボリックなレイシズムの槍玉に挙げられ、事の本質を糊塗するために使われてしまっているようであるのが無念でならないのです。それで一体、なにが「進展」「解決」に繋がる希望を生み出すというのでしょうか?

以前も書きましたが、この「島」は誰のものでもない。群れ飛ぶカモメや海洋生物が棲家として、拠り所としてきた所です(古来人は住まぬ岩礁であったゆえ)。敢えて言えば「地球のもの」です。人間達の愚かしい政争の具にだけはして欲しくないと思います。
[PR]
by cookie_imu | 2008-07-24 11:44 | 韓国文化全般