あるびん・いむのピリ日記

cookieimu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:韓国酒・ごはん( 48 )

キムチチゲにネギチヂミ

c0018642_22412478.jpg

c0018642_22412452.jpg

今日のお昼ご飯に作ってみました。久々の韓国料理自作です。

でもって、
[PR]
by cookie_imu | 2008-11-16 22:41 | 韓国酒・ごはん

山村(산촌)

僅かな夏休みを利用して、久々に韓国に行きました。ソウルに行って、留学前に日本で韓国語を教えていただいていた先生にお目にかかるためです。お会いした晩に夕食を・・・ということになりましたので、二人ともありきたりな韓国料理は食べ飽きていますから(笑)何か珍しいものを食べましょうと相談して、インサドンにある「山村(サンチョン)」という寺院式韓国精進料理のお店に行きました。
c0018642_11581294.jpg

そのお店は、長年お坊さんをしていたご店主が、寺院精進料理の素晴らしさを少しでも知ってもらいたいと、一般の人向けに始めたのだそうです。お料理はご覧のように大層な品数が出て来ますが、当たり前ですが全て全くの肉抜き(魚介もありません)。また、お粥やビン(餅)、チャプチェのような料理もありますが、その他はこれも見てお分かりのようにそのほとんど全てが山菜のナムルです。
c0018642_1255876.jpg

私はベジタリアンではありませんが、もの珍しさもあいまってか、とても美味しくいただきました。また寺院式とはいってもお酒には制限がないらしく(苦笑)、こちらは自家製のトンドンジュ(マッコリの一種)を飲みました。これもあまり甘くなくて美味しかったです。最後のお菓子まで頂いて満腹にはなりました・・・とはいえ、お肉の好きな男の私にはいささか物足りなかったことも事実ですが(^^;
c0018642_12113693.jpg

お店では、お料理のほかにご覧のようにお店で民族舞踊が見られるサービスを行っています。コリアハウスでも同様のものは見られますが、男性によるダイナミックな「僧舞(スンム)」など、やや趣の異なる舞踊が見られて興味深かったです。
c0018642_12174370.jpg

インサドンとはいってもやや奥まった小路のそのまたどん詰まりにお店はあり、とても分りにくいのですが小路の入口に最近「サンチョン」が出した売店らしきものもあり、それを目印に行かれると良いようです。韓国旅行は何度もしていて普通の韓国料理にはちょっと飽きてしまった、もしくはお肉にはやや食傷気味・・・とお考えの方にはお勧めのお店です。またキムチは除いてほとんど辛い料理がありませんので、辛いものが苦手な方にもよろしいかと存じます。全てが野菜ですから体にいい事はいうまでもありませんが、人工調味料なども一切使わないという、最近韓国で流行の「ウェルビン(Well Being)」とは一線を画す格調高い精進料理でもありますので、関心を持たれた方はお出かけになってみてはいかがでしょうか(ソウルナビの紹介はこちら)。

おまけ。
[PR]
by cookie_imu | 2008-08-24 11:59 | 韓国酒・ごはん

コドゥンオ(고등어)

まあ要するに、韓国語で鯖(サバ)のことです。なんだか突然、ものすごく食べたくなって・・・
c0018642_2261840.jpg

韓国留学中は、大学の学食の昼食の定番でした。焼いたり、炒めたり、辛く煮たり・・・「さば味噌煮」は無かったけど(^^)

日本でも、大衆魚の代表格ですよね(最近は漁獲高が減ってきているそうですが)。
韓国でも全く同じで、サバやサンマ(コンチ)、さわらなどが大衆魚としてよく食べられていたのにはちょっとビックリでした。しかも干物まであって・・・。私もアパートで焼いてよく食べました。韓国っていうと「焼肉」だけれど、庶民の日常食はお魚。アジはあまり食べなくって、その代わり太刀魚(カルチ)をしょっちゅう食べていました。これも関東ではあんまり食べませんが・・・

それにしても“고등”って言うのは韓国語では「高級」と綴りも発音も同じ。大衆魚なのに・・・と思いますが、いつでもどこでも、美味しくおなか一杯にしてくれるそんな食材こそ、本当の「高級」品かもしれませんね。
[PR]
by cookie_imu | 2008-05-18 22:18 | 韓国酒・ごはん

近所の本格派韓国料理店

このところ、個人商店が潰れたり、撤退したりで寂れがちな商店街に突如出現した高級韓国料理店。店名を「ダウォン」という。一見、普通の焼肉屋だが、中は靴を脱いで上がる本格派だ。
c0018642_1105160.jpg

会議で帰りが遅くなった日の夕飯を、ここで試してみたのだがかなりハイレベルな本格韓国料理を供するので吃驚した。店のエントランスにあまり高級感が無い上、看板の作りも安っぽく捨て幟なども出しているので●角の様なお手軽チェーン店か・・・と思ったらさにあらず。スタッフは全員ネイティヴ韓国人という、超本格派の個人商店だったので二度吃驚!

なにせ、帰国して初めて
[PR]
by cookie_imu | 2008-02-09 11:42 | 韓国酒・ごはん

チョパプは鮨ではない

次の画像は、朝鮮日報で「日本が世界に生魚を食べさせるまで」というインタビュー記事に添えられていたものである。
c0018642_1893554.jpg

しかし、この画像はどう見ても韓国風擬似寿司“チョパプ”である。では問題。日本の一般的な寿司との違いをこの画像の中から全て指摘せよ(笑)

正解?は・・・
[PR]
by cookie_imu | 2008-01-27 18:49 | 韓国酒・ごはん

新新圓

このたびの旅行で見つけた、チャジャンミョン(炸醤麺)の美味しいお店です。
場所は・・・内緒にしたいんですが(^^;まあ、インサドンの入口付近と言っておきましょう♪
どーです、このコックさんの見事な麺さばき!見るだけでも生つばゴクンと・・・
c0018642_22233149.jpg

今までは、ウルジロ◎街の交差点付近にある「安○荘」という韓国式本格!中華店を愛用してきたんですが、今回ここで食べてチャジャンミョンは今度からここにしよう!と決めました(爆)
c0018642_22261369.jpg

自慢じゃあないですがー、留学中はもう、食うもんなくなるとペダル(配達)のチャジャミョン。もうとにかく冷めてもあんまり味が変わんない(その点、冷めたチャンポンミョンは食えたモンじゃない!)。当たりはずれが少ない(だけども本当に美味しいのは少ない)・・・などなど、韓国人もビックリ!っていうくらい食ったなあ。変り種のカンチャジャンとかチャジャンパプ(飯)とかも・・・。おかげで帰国の頃には見るのもイヤになりました(激爆)

だけど・・・韓国に行くと、つい食べたくなっちゃうんだよねえ。これは黒味噌餡が甘からず辛からず、手打ち麺によく絡んで絶妙でした(^^)一緒に頼んだタンスユッ(韓国式酢豚)も美味しくてグー!オススメのお店です。
[PR]
by cookie_imu | 2008-01-08 22:33 | 韓国酒・ごはん

YAKIUDON

日本から韓国に渡って姿を変えた和食にはオデン、タクワン(タンムジともいう)など統治時代のものから、最近ではトンカス(とんかつでは断じてない!)、チョパプ(握り鮨とは似て非なるもの)など数々あるが・・・今夜食べた「焼うどん」などはその驚嘆最たるものであった。
c0018642_037523.jpg

これがその・・・言葉はよくないが「変わり果てた姿」である。まあ伝統的?な本来の「焼うどん」の姿といえば(関西や関東・・・さらに広島など地域差はあろうが)日本全国平均的にこんなもんであろう。
c0018642_0443542.jpg

まあようするに、「うどんに残り物の野菜や肉などを混ぜて鉄板やフライパンで焼き、主に醤油ベースで味付けした」いわゆる“お手軽料理”である。従って「飲んだ後」や「日曜の昼飯」などに供されることが非常に多いのではないかと思うが、驚く無かれ、韓国ではこれが正統中華料理店の一品料理として堂々と(!)供されているのである。

実はこの存在は密かに知っていた。大学の生徒が中華の出前を取る時、チャジャンミョンやチャンポン、ポックンパプ(チャーハン)などに混じって注文していたからである。しかし、それらに混じって出前が到着した時、私はそれらしき「物体」を見て「何かの間違いだろう・・・」と考えていた。いくらなんでも、これが焼きうどんだとは・・・天地がひっくり返っても、到底思えなかったからであった。

ところが・・・今日のレッスンの後に、チャ先生に「美味しい焼きうどんの中華料理店があるから行きましょう」と誘われた時は我が耳を疑った。そしてテグ市内の繁華街ど真ん中、正統中華料理店、その名も「中和」(!!)へ到着し、注文した「それ」が届いた時は・・・目玉がこぼれ落ちんばかりであった。しかも、その店は「元祖」を謳っており、どうやらテグでは自他共に認める焼きうどんの名店らしいのだ。木曜の夜だというのにその店は大混雑しており、韓国では稀な行列までしてしまったほどだった。

ただ・・・これは「焼きうどん」ではなく「YAKIUDON」と表示しなくてはならないらしい(爆)「饂飩」とは、ルーツをたどれば中国の食べ物ではあるが、中国ではこう書くと現在では「スイトン」状のものを指すらしい。オマケに「YAKI」はどう逆さに考えたって、日本語である・・・。いまだかつてこれほど珍妙なる三国フュージョン料理があったろうか?

で、お味の程は・・・
なんとこれが大変美味しいんである。(でなかったら、ここまで長々と紹介しない^^;)味そのものは韓国風辛味チャンポン麺に似ている。うどんは腰のやや強いカルククス(手打ち麺)といったところか。ただ、焼いた形跡は無く、茹で麺を具と絡めてさっと炒めた・・・という風情であるが、あまり辛くなく、魚介のだしが効いていて、野菜との相性もよく、これ一品でゴハンもおかずもOK、といったスグレモノであった。これはなかなかいける。日本に逆輸入しても結構、流行るんではなかろうか・・・といったところで、一体コレは何料理??(激爆)
[PR]
by cookie_imu | 2007-02-16 01:10 | 韓国酒・ごはん

馴染みのひるめし屋

昨日は夜遅くまで論文を書いていて、今朝遅く起き、大学の教職員食道の営業時間に間に合わなかったため、久しぶりで馴染みの食堂「ヒョンジョンイネ」に行きました。
c0018642_23343642.jpg

馴染みとはいっても・・・実際にお店に行ったのは数えるほどしかありません(^^;普段は安くて栄養満点な教職員食堂を利用していたからです。ではなぜ馴染みなのかと言うと・・・
c0018642_2337220.jpg

雨の日や風の日、または仕事が忙しくて食堂にすらいけない日、あるいは学生たちにちょっとご馳走したい時に、このお店からしばしば出前を取ったからです(^^)。出前迅速、しかもボリュームも満点でなかなかお味も良かったので、このお店をよく利用していました。画像はお気に入りの一品、「コムタン」です。お肉もたっぷりでご覧のようにおかずも充実しています。
c0018642_23405833.jpg

お店では懐かしの練炭ストーブが大活躍でした。もちろん、エアコンも石油ストーブも最新式のがお店にはあります(^^)でも、練炭は安い上に火力が強く、長持ちして温かいので、お店などではリバイバルしてよく使われているのだそうです(煙突をちゃんとつければ一酸化中毒の心配も減りますので・・・)

ぬくぬくとした人間的な温かさに浸りながら、もうこのお店にも何度も来ることはない・・・と思ったら、急に悲しくなって、食べていたご飯の上に涙をこぼし、ゴハンがふやけてしまいました・・・・・・
[PR]
by cookie_imu | 2007-01-31 23:45 | 韓国酒・ごはん

カンヌンの美味しい食べもの

カンヌン日記第三弾、皆さんお待ちかね?の美味しいもの紀行です(^^)
c0018642_2301691.jpg

まずは着いてすぐ頂いたお昼ご飯、「コンドレ・パプ」。「コンドレ」とは韓国語の「コンドレマンドレ(へべれけ)」から取った言葉のようで、その名に相応しい、飲みすぎた翌日に効きそうな、ナムル炊き込みご飯でした。これを韓国風でない(つまり普通の)岩海苔に巻いてヤンニョムを付けて食べるんですが・・・いやあ、もう美味しくて夢中で食べちゃいました!食後に石釜にお湯を注いで飲んだ「ヌルンジ(おこげのお湯)」の、また美味しかったこと・・・!
c0018642_236767.jpg

二つ目は、その晩に浜辺でご馳走になった、カンオ(ヒラメ)のお刺身です。これまた生け作りに近い鮮度で、街で食べるより格段にに美味しかったです。堂々とナイトクラブの従業員が、名刺をばら撒きに個室に入ってきたのには参りましたが・・・(^^;
c0018642_23101394.jpg

そして最後は、翌日の朝、日の出を見たあと頂いたトゥブチゲ!牛肉でダシをとってあったり、隠し味に干ししいたけが入れてあったりしてこれまた涙が出るほど美味でした(寒くて空腹なのもあったかも・・・^^;)。おかずも一杯付いて、至福のひと時でした!

交通はやや不便なものの、自然・名所・味、三拍子揃ったカンヌンを、ぜひ皆様にもお勧めしたいと思います!
[PR]
by cookie_imu | 2007-01-25 23:15 | 韓国酒・ごはん

いろいろ食べてきましたが・・・(^^;

第一位、二位は、下の二つに決定!
c0018642_23393847.jpg

いや、言い訳するわけじゃないですけどそんなにしょっちゅう食べてたわけじゃあないですよ!
でもまあ、飲んで帰ったり遅くまで勉強してたりすると小腹が減るわけでして・・・(モゴモゴ)

最近はオットギという食品メーカーが猛烈な追い上げを見せていますが、やはり昔ながらの農心と三養はなんていうのか、「老舗の味」ですね。安心して食べられます。オットギは麺の味わいにもう一工夫必要があると、個人的には思います。

え、「辛ラミョン」はどうなのかって!?・・・あれは思い入れや想い出も一杯あるんで、別格です(^^)
[PR]
by cookie_imu | 2007-01-14 23:45 | 韓国酒・ごはん