あるびん・いむのピリ日記

cookieimu.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 06月 ( 66 )   > この月の画像一覧

韓国語で落語!

笑福亭鶴瓶さんの七番目の弟子、笑福亭銀瓶さんが、韓国語落語に挑戦しているそうです。
在日三世の方で、本名はシム・ジョンイル!『血と骨』を見て、アイデンティティーに目覚めたとか。
c0018642_0292940.jpg

で、7/16(土)AM10:30~より、大銀座落語祭で、その韓国語落語を上演するそうです!
入場無料なそうなんで、行ってみようかと思ってます。在日一世の方も、太鼓判を押されたとか…
ただ、ハングルの実力はあっても、落語家としての彼の実力は僕は分かりませんが(^^;
銀座ヤマハホールにて。聞いても分からなかったりして(笑)でも面白そうだなぁ・・・
[PR]
by cookie_imu | 2005-06-30 00:34 | 韓国文化全般

VICTORINOX WATCH

今までしていたdocomoのwrisotmoがついにぶっ壊れたため、とりあえず時計を探していたんですが・・・ああ、やっぱり買っちゃいましたよー、ビクトリノックス・ショップで。でも、値段は高くないです。
c0018642_21241338.jpg

ベゼルの赤い色がアーミーナイフとおんなじ色、おんなじ樹脂で出来ているので思わず衝動買い。
いや、ホントに大した値段じゃないんですよ、安物です、ビクトリノックスの中では・・・でも、樹脂と皮革で出来た時計ベルトにまでSWISS ARMYの刻印がしてあるところがシビレます(^^;;
c0018642_2127913.jpg

ちなみに、バックに映っているのは私の愛機、真空管プリメインアンプのUNISON RESARCH Simply4です。球はEL34×4。その日の気分によって、テレフンケンとテスラを使い分けてます。
[PR]
by cookie_imu | 2005-06-28 21:30 | 趣味のあれやこれや

Les Hydropathes(イドロパット)

渋谷のパルコPart1の地下一階、ビブロのとなりにある、珍しいベルギー・ビールの専門店。
c0018642_034479.jpg

『埋もれ木』を見る前に、お昼を食べようとして何気なく入ったら、なんとランチにビールが付いていた!ビール付き、それも珍しいベルギー生ビール付きで¥800は、リーズナブルなお値段かと。
(スープ、サラダ、パスタ、である。)ランチのお味はまあ、そこそこだが、ベルギー・ビールの品揃えが凄い。この日は珍しい、ベルギーの白ビール(銘柄は忘れた)の樽ナマだった。ベルギー・ビールなんてシメイしか飲んだことのない者にとっては、まさに口福でした(^^)今度は、熟成上面発酵タイプを飲みに行こう・・・(お店のHPはこちら
[PR]
by cookie_imu | 2005-06-28 00:40 | 各国酒・ごはん

今週のおべんきょう

☆ウ◎先生・・・
「ぷち韓国語 第8課」
宿題・既出単語、特に曜日を中心に十回ずつ書いてくる(ひょえ~)

★シ◎先生・・・
自己紹介文の作成
過去形(とその場合のパッチムによるリエゾン)
連体形(同上)
名詞の動詞化
「序詩」の読みと訳、単語の意味調べチェック
宿題・自己紹介文の暗記(さらにひょえ~)
「序詩」を完璧に読めるようにする(・・・・・・。)

もう死ぬ、死む、シムウナギ・・・でも、やるしかないのよね・・・

ナイショのお知らせ!
[PR]
by cookie_imu | 2005-06-28 00:28 | 한국어 수업(韓国語授業)

『埋もれ木』

初日に見てまいりました、日本の誇る芸術派監督、小栗康平氏が『眠る男』以来、実に九年ぶりに製作した第五作です。主演は7,000のオークションから選ばれた14歳の新人、夏蓮(かれん)。
c0018642_2305957.jpg

このブログでも以前ご紹介した、在日シンポジウムで小栗監督の『伽耶子のために』の上映があって、小栗監督の講演があったときから「次はファンタジーを作ります。もうほとんど出来上がっていますが」と言われていたこの作品の公開を楽しみにしていた。そこで、万難を排して?初日にシネマライズへと駆けつけたわけである。ただし、午前中に韓国語のレッスンがあり、舞台あいさつは見られなかったが、小栗監督は律儀に映画館の入口までご挨拶に見えたので、運よく監督にパンフレットにサインしていただくことが出来た。
c0018642_2383535.jpg


で、肝心の映画のほうは・・・(ネタバレなし)
[PR]
by cookie_imu | 2005-06-26 23:39 | その他邦画・洋画

やっぱりこいつはムヒョクか

c0018642_20582183.jpg

突然番組の最後にミンジュの前に現われたヤツは・・・でも、声がジソプだったよなー(^^;
それにしても、オンマとの出会いは不幸で切なかったなぁ・・・あんなに強く、自分の手を
傷つけなくてもいいのに。そのときに流した一粒の泪・・・清冽な悲しみが強く迫ってきました・・・

KNTVのHP、見ました。7/10、本気ですね。マジですねー、あっという間に売り切れですか・・・
ワタクシですか?ワタクシはドラマで楽しませていただきます(^^)ちよっと、生ジソプ見たくはあったけれどね・・・
[PR]
by cookie_imu | 2005-06-26 21:03 | ドラマ・韓日米その他

超疲れた・・・疲れを癒す『日流』俳優は?

文化貢献、日韓友好の一環だからと思って、文化院のシンポジウムをまとめたけれど本当に大変だった。メモを取るのも大変だが、各人が勝手にくっちゃべってるのをまとめるのはもう一大労苦。
その上、何人の方が読んで下さるんだか・・・あー、また愚痴になるからこの辺で止めとこう。
c0018642_11502192.jpg

(画像は本文と全く関係ありません。一寸一息癒しのスイーツ、ガトーショコラ、ベリー添えです^^)
で、文中でもご紹介したように、オリコンの小池さんが言ってた「日流を巻き起こせるような、ある程度のルックス、知性、教養、倫理性兼ね備えた俳優や歌手」って、どんな人がいるんだろ。まず、俳優としての実力がいるよね。あんまり若いのはダメだけど、いまさら高倉健や役所浩司の出番でもないような・・・。まあ、健さんはユ・ジテ始め、多くの韓国俳優に、すでに尊敬されてますけどね。歌舞伎系は実力と教養はあるけれど(見掛け倒しのヤツもいるけど)、某海◎蔵や獅☆に代表されるように倫理観には問題ある「さまよえる下半身」だもんなぁ。もとがそんなものとは無縁の社会なんだから仕方ないけれど。ていうと、狂言の野村萬斎あたりか。それから雅楽の東儀秀樹あたりかな・・・でも、彼らが到底、ラブコメやJ-popをやってくれるとは思えず・・・誰かいい人、いないかなぁ。ジャニ系論外。反町・・・唐沢・・・小田・・・オダギリ・・・浮かんでは消え浮かんでは消え。。。

みなさん、どう思われますか?才色および道徳観兼備の!素晴らしいこれからの人、紹介してください!!

いっそのこと・・・柳楽優弥クンや、神木隆之介クンたちが育つまで待つか(爆)

付記。J-popなら、ケツメイシとかオレンジレンジとか今すぐにでも人気が出そうなのもいるし、ジャニ系だって大いに結構だと思うんだけれど・・・
[PR]
by cookie_imu | 2005-06-26 11:36 | そのほかいろいろ

韓国文化院 公開シンポジウムリポート(完成版)

さる6/24(金)19:00~21:00、麻布十番の韓国文化院で、「『韓流』と「日韓文化交流」~更なる発展のかたちを探る~と題して、公開シンポジウムが行われました。私は、こちらでもお馴染みの、熱心なキム・ヘスファンでもいらっしゃる子連れ狼さんのご好意により、参加することが出来ました。一番初めに日韓友情年映画を十分ほど見たあと、シンポジウムは、まず最初に、これから『DMZ非武装地帯』の公開が控えているイ・ギュヒョン監督の基調講演、そして監督を含め、五人のパネリストによるパネルディスカッション、そして最後に質疑応答、という形となっていました。
c0018642_2248241.jpg


シンポジウムの詳細です。
[PR]
by cookie_imu | 2005-06-26 10:43 | 韓国文化全般

映画バトン

なるものの襷を複数の方から渡されたので、僭越ですが回答させていただきます。
①過去一年間で一番笑った映画
②過去一年間で一番泣いた映画
③心の中の5つの映画
④観たい映画
⑤次の人につないで行く(ブログに限定する)
というものです。まず、1は『彼女を信じないでください』。キム・ハヌルのコメディエンヌぶりに爆笑!2は、『いま、会いに行きます』子役の子、可愛かったなぁ・・・3は『八月のクリスマス』『シュリ』『ひまわり』『カサブランカ』『ローマの休日』統一がとれないなぁ(笑)4は、なんといっても『マラソン』!でも、公開まで完全封印だもんね。

というわけで全問にお答えいたしましたが、5に関しては、かつての「幸福のメール」のようなチェイン・メールではないか・・・と思われる方もいらっしゃると思いますし、相手方のご意思をきちんと確認しないでタスキをお渡しすることがあっては失礼に当たるかもしれないと恐れます上、お願いできるほどのお友達もいませんので(苦笑)ワタクシで終わりにさせていただきたいと思います。
[PR]
by cookie_imu | 2005-06-25 22:05 | 韓国映画・新しめ

「婦人公論」7月号

c0018642_23302868.jpg

もちろん、表紙のソナちゃんに惹かれて買ったのですが、今月号はカン・サンジュン先生の
エッセイや、キム・レウォン君のインタビューなど、読みどころ満載です。コンクッスも美味しそう♪
あっ、もちろん、ソナちゃんのインタビューも、素直に心を綴っていて素敵です(^^)
(オレもソナちゃんから一度でいいから「軽くお茶でも・・・」なんていうメール、欲しい!爆)
[PR]
by cookie_imu | 2005-06-23 23:36