あるびん・いむのピリ日記

cookieimu.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本の箸の作法(일본 젓가락의법식)

일본 젓가락의법식(작법)
c0018642_16323629.jpg

일본에서는 한국에서와 같이 식사할 때 젓가락을 사용합니다.
그런데 한국과 달라 숟가락을 안 쓰고 젓가락만 쓰며、
여러가지 귀잖은 법식이 있습니다.
단,전부로 몃 개나 있는지 저에게도 잘 모르겠습니다.
대표적인 것은 “사시바시”,”네부리바시”,”마요이바시”등 있어요.
“사시바시”는 음식을 찌르기, ”네부리바시”는 젓가락을 빨기, 그리고 “마요이바시”는 반잔을 선택할 때 반잔 위에 여기저기 움직이는 것을 금지합니다.
<訳文>
日本も韓国と同じように、食事の時箸を使います。
しかし韓国と違ってスプーンは使わず箸だけを使うので、
いろいろ面倒な作法があります。
ただ、全部でいくつあるのかは私もよく分りません。
代表的なものは「刺し箸」「舐り箸」「迷い箸」などです。
「刺し箸」は食べ物を突き刺すこと、「舐り箸」は箸をしゃぶること、そして「迷い箸」はおかずを選ぶ時、おかずの上であちこち箸を動かすことを禁じています。


先週の韓国語の授業の時、「日韓の礼儀作法の違い」という話題の時ふと口に出したら、先生にたちまち「来週までに分りやすく説明してきてください」と言われたもので・・・何とか書いてみました(^^;

このほかにも「寄せ箸」とか「涙箸」などまだまだあるんですが、韓国語での説明がとても難しいのでカットしちゃいました(笑)。韓国でも箸を美しく使うことは尊ばれていましたが、日本ほどはうるさくなかったと思います。

これは、食事中箸を持ったら盃を持つ時以外原則として箸を離さない、という日本の「茶懐石」の伝統的マナーに基づいているのだと思います。そしてこれは、箸文化圏では日本に独特の「一緒に食事する人に不快な思いをさせない」美しい工夫だとも思っています。

翻って韓国では(中国やベトナムあたりでもきっと)、さじやレンゲも併用することや、一つの料理を皆で分け合って食べることが多いことからそれほど箸の作法に細かい規定を設けてこなかったように思いました(ヤンバン文化と武家文化、という違いも少なからず影響はしているでしょうが・・)。むしろ、人に対して(おもに女性が男性に・・・それも恋人同士のとき)箸で食べ物をつまみ、口を「あーん」してもらって幼い子にするように、親切に食べさせてあげている場面をしばしば目にしました(^^)

もちろん、日本の「箸の作法」ではこんなことは認められていないでしょう。というより「想定の範囲外」かな(笑)。あっ、もちろん二人っきりの時は何をしたって構いませんが・・・(爆)
[PR]
by cookie_imu | 2007-07-22 17:02 | 한국어 수업(韓国語授業)

「お疲れ様でした」

おととい、職場に今年からお勤めになった英国人講師の方に“See you!”と終業のご挨拶をしたら、笑顔で“See you、!”と返って来て、とても清々しい気分がしましたした。やっぱり挨拶は人間関係の基本だと思います。
c0018642_1021632.jpg

ですが・・・その後、仕事が終わって帰る日本人の同僚が「お先に失礼します」と言うのに対して「お疲れ様でした!」と、いつものように何気なく声をかけていて、ふと気付いたのです。そういえば英米語表現にはそれに当たる別れの挨拶は無いなあ・・・と。

去年韓国にいた時は、日本と同じで「먼저 실례합니다~(お先に失礼します)」「수고 하셨습니다!(お疲れ様でした!)」と普通に声を掛け合っていたのでした。欧米留学の長い英語の堪能な同僚に聞くと、やはり英語には(無理して作るのでなければ)それに相当する慣用表現は無い・・・とのこと。こんな小さな挨拶にも、やっぱり韓国と日本には、国民性の違いはあっても近いものがあるのかなあ、と改めて感じた次第です。

なんだか、「お先に失礼」「お疲れ様」には、まだ仕事をしている同僚への思いやりや、まごころを感じます。欧米にそういった「思いやり」が無いとはもちろん、思いませんが、違う形で仕事とプライベートは画然と分ける個人主義的性向をやはり感じてしまいます。同じ儒教文化圏だからなのかな・・・とも思いますが、東アジアという事なら中国はどうなんでしょうね。

韓国留学中にお付き合いした数少ない?中国人の方とのやり取りでは、そういう言葉は聞かなかったように思います。会えば「ニーハオ!」帰りは「再見(ツァイチェン)」でしたから(辞書には「是疲劳先生(おつかれさまでした)や「先离开(お先に失礼)」はありますが・・・)。もっと欧米に近い個人主義さをより感じましたが、これも住んでみなければ実際のところは分らないんでしょうね(^^;

「お久しぶりです」も「오래간만입니다」で、この慣用表現も日韓共によく使いますよね。英語にもこれはあるそうで、”Long time no see you!”と言うのだそうですが、なんか直訳っぽくって・・・。やっぱり、日韓の表現ほどの近しさは感じません。

これって、もともとは中国起源で日韓に広がって、共産中国になって個人主義的になったのか、中国起源ではなくって韓国起源なのか、日帝時代に日本が持ち込んだ慣用表現なのか、はたまた最近の両国の関係発展に伴ってのことなのか。ほんの挨拶の一言ですが興味は尽きませんでした。

留学から帰国後・・・仕事のあまりの忙しさにこんなことを立ち止まってちょっと考えるゆとりもありませんでした。さてもうじき夏休みです。ちょっと一息入れ、辺りをゆっくり見回すゆとりを持って、これからもまた頑張りたいと思います(^^)
[PR]
by cookie_imu | 2007-07-13 10:35 | 상용일기

ジェノバらぁめん「クチーナ」

このお店の存在は前々からその存在は知っていたんですが…遂に今日、ランチに子供と行ってしまいました(^_^;)
c0018642_14105998.jpg

まあ「ちいさんぽ」圏内だったもんで・・・。お店前の緑の「伊食 らぁめん」の幔幕がまさに異色です。で、一歩お店に足を踏み入れると・・・そこはどう見ても普通のイタリア料理店でした(爆)
c0018642_14105980.jpg

で、頂いたのは子供が看板の「ジェノバらぁめん」。チャーシュウ、ネギ、メンマ、半熟玉子などが入った普通の塩ラーメンの上に輪切りトマト、ルッコラ、モッツアレラチーズの角切りなどがトッピングされています、うーむ、イタリアンだ。。
c0018642_14105915.jpg

そして私が食べたのは「ルーコラ(ルッコラにあらず)とゴマのつけ麺」。具材はチーズを除けばほぼジェノバラーメンと同じですがつけ汁にはあたりゴマとバジルが入っているようでした。

二人して恐る恐る食べてみたんですが・・・評価は「意外と美味しい!」でした。軍鶏の鶏ガラから取ったというスープは澄んだ控えめな味で、全体とよく調和していて「その辺のチェーン店のラーメンよりよっぽど美味しい」とは子供の弁。わたしもスープを一口貰いましたが、なるほど上品でしっとりと落ち着いた味でした。つけ麺の方はちょっとつけ汁の味に違和感を覚えましたが、中太の平打ち麺への絡みもよく、こちらもなかなか清涼感があって良かったです。

開店当初は「ジェノバらあめん」と「塩らあめん(単にイタリアン・トッピングを除けただけ)の二種類だけだったそうですが、今は「醤油らぁめん」や「チャーシュウめん」も仲間に加わっています。先入観とらわれずに食べる方がいいみたいです(^^;今度はもう一度、醤油らぁめんを食べに行こうと思います。
[PR]
by cookie_imu | 2007-07-08 14:10 | 各国酒・ごはん

『街のあかり』

久々に映画を見てきました。フィンランドの名匠、アキ・カウリスマキの最新作『街のあかり』です。
c0018642_2055297.jpg

カウリスマキの映画といえば、無駄な描写を極限まで削ぎ落とした、ストイックとも言える映像で有名であり、今作でもその期待を裏切りませんでした。夜警という厳しい職業に就く若い男の身の上に降りかかる、この上も無い不幸な運命を通して、大都会に潜む人間の根源的孤独を鋭く描いています。

主人公の警備員コイスティネンを演じるヤンネ・フーティアイネンや、彼をたぶらかす毒婦ミルヤを演じたマリア・ヤンヴェンヘルミはカウリスマキ映画初出演ながら、噂に違わぬ演技力で見応えがありましたが、コイスティネンの彼女アイラ役となるマリア・ヘイスカネンは存在感がイマイチ(演技力がイマイチ・・・ということか?)で、最後の重要なシーンがあっけなく感じられてしまったことが残念でした。

ですが、久々のカウリスマキ、そして大ファン!のカンヌ女優、カティ・オウティネンが見られただけでも満足です(^^)それにしても、カティ・・・1シーンしか出ていないにもかかわらず、物凄い存在感、というか貫禄でした。だけどさすがに若い恋人役をやるのはムリかも(^^;
[PR]
by cookie_imu | 2007-07-07 21:13 | その他邦画・洋画

教室も、先生も変えました!

6月一杯まで通っていた教室の先生が、あまりにもアバウトだったので思い切って辞めました・・・
今度は、このテキストを使っている教室です。なんと言っても職場から歩いていけるのが魅力です(^^)
c0018642_1922029.jpg

レベル分けテストを受けに行ったんですが、「会話が出来る」「留学経験がある」というだけで中級のレベル2という実力不相応なクラスに入れられてしまいました。「多少喋れるけれども、文法も書くほうも全然、ダメなんですよ~!」と抵抗はしてみたのですが・・・

「日本の方は会話で決定的な差がついてしまうんで、そこでクラスを分けるしかないんですよ。読み方や書き方(イルギやスギ)はご自分でも勉強できますから~」なーんてこと言われちゃって・・・

早速、土曜日仕事の合間にキャッチアップ・レッスンなる個人教授を受けてきました。今度は中年女性のクォン先生と言う方ですが、教え方も上手いしやる気もあってこちらもいい感じで出来そうです。さあ、気分を変えて、頑張るぞーー!!
[PR]
by cookie_imu | 2007-07-01 19:29 | 한국어 수업(韓国語授業)