あるびん・いむのピリ日記

cookieimu.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

チョパプは鮨ではない

次の画像は、朝鮮日報で「日本が世界に生魚を食べさせるまで」というインタビュー記事に添えられていたものである。
c0018642_1893554.jpg

しかし、この画像はどう見ても韓国風擬似寿司“チョパプ”である。では問題。日本の一般的な寿司との違いをこの画像の中から全て指摘せよ(笑)

正解?は・・・
[PR]
by cookie_imu | 2008-01-27 18:49 | 韓国酒・ごはん

『息子(아들)』

根詰めてて仕事をした結果、早仕舞いしたんでその余勢を駆って久しぶりにDVDで韓国映画を鑑賞しちゃいました(^^)
c0018642_10224770.jpg

久々の(といっても約1年ぶりですが)チャン・ジン監督の新作です。主演はチャ・スンウォン、リュ・ドックァン。父親をスンウォンが、息子をドックァン君が演じています。その他にもチャン・ジン組が(声だけという人もいますが)多数出演(笑)

この映画は
[PR]
by cookie_imu | 2008-01-27 00:36 | 韓国映画・新しめ

支那蕎麦 こうや

c0018642_1321355.jpg

四ッ谷にあるラーメン屋さんです。
いつも金曜日の夜、とある研究会の後に行ってます(^^)

もっぱら週末の夜は飲み屋として機能しているようで、我々もそのように使ってます。
何を食べても美味しいんですが、料理は質実剛健というか見た目重視ではない中、
昨晩たまたま注文した「春雨サラダ」は見た目もとても美しく、お味ももちろん結構な
ものだったのでちょっと感動して撮影しちゃいました(笑)

研究会自体はまあ、いささか現実の世界とは離れたものごとを議論しているんですが、
普段ものを考えられないくらい忙しくしていると、その時間が堪らなく心地よいんですね。

その後は、必ずこのお店に寄って、今度はもう、色んな現実の事を含めてワイワイ
言いながらのみかつ食べるんですが、その貴重な時間もまた嬉しいものなんです♪

そんな大切な時間を、美味しい中華料理と心温まる♡フルなおもてなしで満たしてくれる・・・
それが「こうや」です。おつまみは何をとっても美味しいですがお勧めはカクニ料理かな?
〆に食べる「チャーメン(焼きそば)」も、とっても美味しいですよ!
[PR]
by cookie_imu | 2008-01-26 13:21 | 各国酒・ごはん

「カツラ美容室別室」

ヘンテコリンな題名の小説である。主人公?は、カツラをかぶった美容師だ。
c0018642_23265352.jpg

作者のペンネームもまた、「山崎ナオコーラ」と、変わっている。
ご存知かもしれないが、永作博美の主演で最近映画化された「人のセックスを笑うな」の作者でもある。この作品は作者の第3作にあたり、恋とも友情ともつかない、大人のほのかな交じらいを、哀切感とある淡々としたタッチで描いていて、今回の芥川賞候補にもなった。

・・・と、まあ、そんなことはどうでもいいわけで。
私は当節流行の若い女流作家にはあまり馴染めず、好きで読むのは吉本ばななくらいである(もはや若いとはいえないだろうが・・・)。「蛇にピアス」とか「インストゥール」なんていう作品も「ふ-ん、そうなんだ」とは思ったが、それ以上の興味は引かなかった。

結局、個人の好みの問題なんだろう。こちらの琴線のどこに引っかかるか、ということか。自分の好みと彼女の、大袈裟ではないが彫琢された静謐かつ叙情的な文体が合っている、という事なんだろうと思う。なので万人にお勧めとはいかない。が、人生に、人間関係に疲れたとき一読されると良いかもしれない。心に染み渡るように癒される佳作である。
[PR]
by cookie_imu | 2008-01-24 23:39 | 最近読んだ本・雑誌・漫画

実はSF・冒険活劇好き!

韓国映画にハマッて、それから恋愛映画や文芸映画、アート系からカルトまで見るようになったものの、実は昔は(から?)根っからのSFアドベンチャー映画好きだった(^^;ので、ここんとこ韓国映画の公開もないため、暇を盗んで話題作3本を鑑賞。まあ、こんなんも見てるって事で・・・(ネタバレはほとんどありません)
c0018642_1257149.jpg


最初はこいつ、、「アイ・アム・レジェンド」。
[PR]
by cookie_imu | 2008-01-20 13:46 | その他邦画・洋画

見ないで信じるということ


c0018642_1547538.jpg
年末から正月にかけてボーっと正月のテレビ番組を、それもあまり上品でないお笑い番組を見ていることがあったのだが、その中で気に入っているコントがある。念のために言っておくが、当節はやりの海パン一丁のお兄さんではない。 その昔私がまだ若かった頃興味を持ってみていたアメリカ製ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」をパロディにした、友近となだぎ武の「ディラン&キャサリン」というコントである。大仰な欧米人風パフォーマンスや、アメリカンジョークをさらにデフォルメして見せることが売りなのだが、中心は恋人であるキャサリンがディランの女性関係について疑心暗鬼となり、問い詰めていくのをディランが荒唐無稽なジョークで軽妙にかわしていく・・・というものである。

ところが
[PR]
by cookie_imu | 2008-01-16 15:53 | 言いたいことなど

冬のアキバぷち探訪

教会の帰り道、昼飯食べたついでに、腹ごなしでアキバの街をすこしぶらついてみました。
神聖なる礼拝で身も心も清めたあとで何やってんの!というツッコミは無しで・・・(^^;
c0018642_17523815.jpg

これが噂の「新・秋葉名物“ダンボール肉まん”」の店、毬林(まりりん)。
c0018642_17523988.jpg

だが実際は、ひじょうに素材を吟味したハーブ豚か何かを使用してるそうな・・・
よく撮れてなくって恐縮ですが、女店員さんは皆、ピンクのメイド風人民服を着てるっていう・・・
肉まんはかなり大きく一個¥500と結構なお値段。「男の塩味」と「女の醤油味」がありましたが、メシは食ったし高いので買うのはパス。で、何がダンボールなのかといえば、肉まんを包む包装紙がダンボールで出来てるというオチなのでした(^^)
c0018642_17523983.jpg

これはその隣にまた新しく開店していた「生活非必需品販売店“むだや”」
c0018642_17523985.jpg

その名の通り、何の用途に使うのかよく分らんよーな小物だの雑貨を一杯売っとりました。
c0018642_17523954.jpg

極めつけはこのお店!メイド眼鏡販売店「キャンディ・フルーツ」!!
偶然入った小路でこの店を発見した時は、思わず腰が砕け目は点、顔はハニワになりました・・・・・・っちゅーか、
メイドに眼鏡売らせてどないすんねん!!!
(はあはあ・・・失礼)て感じ?でしょうか。でもお店のHPによると、もう千人ものヲタお客さんが、ここでめがねを作っているんだそうです(驚)でもそのおかげで「時東ぁみ」なんいう、メガネっこ秋葉系萌えアイドルのこと、初めて知ったわ・・・・・・はああ。

で・・・その後は、って?もっちろん、真っ直ぐお家に帰りましたってば!
絶対に、誓って、「メイドカフェ」「メイドリフレクソロジー」なんかには、行ってません!!
[PR]
by cookie_imu | 2008-01-13 17:52 | 旅(散歩・出張含む)

ニール・ラーセンライブ at Blue Note Tokyo

c0018642_1855383.jpg

c0018642_1855566.jpg

木曜日の夜に行ったライブの余韻が、まだ冷めやりません。本当に最高でした!

若い頃からJAZZやフュージョン、AORやソウルなどが好きだったので、一度は行ってみたいと思いながらも、なぜか敷居が高くて入る事が出来なかったBlue Note Tokyo(もちろん値段が高いこともありますが・・・^^;)。仕事も忙しく、子供も小さかったので夜ライブハウスに行くことなどは思いもよらなかったのですが、今回は80年代に私が大好きで、毎日のようにウォークマン(カセットの!)に入れては聞いていたフュージョン・キーボーディスト、ニール・ラーセンが来日したので、矢も盾も堪らなくなって予約してしまったのでした。
c0018642_19121166.jpg

久々に韓国人以外のアーティスト、しかもJAZZなんて聞いたので、なんだか若いときの(っていってももう30代で結婚もしていましたが^^;)思い出がどーッと甦ってきて・・・もうそれだけで胸がいっぱいになっちゃいました。もちろん、演奏もラーセン氏の若い頃と変わらず、アーシーでヴィヴィッド、クールでいてメチャメチャ熱い・・・という最高のジャム・セッションだったんですが、それよりなにしろこんなマイナーな(多分、ほとんどの方が名前すら聞いた事は無いと思います)フュージョン・キーボーディストの演奏を、20年後とはいえ目の前で(文字通り目の前、ハモンドオルガンのすぐ後ろというかぶりつきで!)聞くことが出来たのですから!本当に感慨ひとしおでした。
c0018642_19251775.jpg

またこのブルーノート東京という所は、実に演出が粋で、観客を非日常感覚で酔わせてくれる術に巧みだ・・・というところにも感動しました。なんていうか、ディズニーランド的な異国感がありますね(笑)お酒も料理も(食事は済ませていたんで軽いスナックしか食べませんでしたが)半端なく美味しい!オマケに出演アーティストがコーディネートしたカクテルなどまで味わえるのだからもうたまりません・・・画像にあるのは、ラーセン氏が好んで飲むハーフ&ハーフBeerにアマレットを加えた「サテライト」というカクテルで、実際には苦味が強くあまり美味しくはなかったんですが(苦笑)、素敵な雰囲気だけは堪能して、お酒と一緒に飲み干すことが出来ました。

その上に・・・さて、アンコールも終わりライブがはねて、時間も遅いし、急いで帰ろうとしたら、店員の人が「これから出演アーティストのサイン会がありますが」とのこと!韓国ならともかく、日本のコンサートやライブでこの手のサービスがあった験しは無かったのでもう狂喜乱舞!(とはいえ、もしもの時にとアルバムCDは全部、持ってきていたんですが^^;;)憧れのラーセン氏にサインまでしていただき(画像)、その上握手、2ショット写真の撮影まで・・・もうなんて言っていいのか、本当に浮世の憂さを一時でも忘れられるような、夢見心地の一夜でした♪またぜひ、名プレイヤーの熱い演奏に(文字通り)会いに出かけたいと思いました。
[PR]
by cookie_imu | 2008-01-12 18:55 | Other Music

Blue Note Tokyo

c0018642_2052438.jpg

c0018642_2052587.jpg

c0018642_2052586.jpg

に来ています!今夜は私が昔から大ファンのAORの雄、ニール・ラーセン!!
今からドキドキしています♪
[PR]
by cookie_imu | 2008-01-10 20:52 | Other Music

新新圓

このたびの旅行で見つけた、チャジャンミョン(炸醤麺)の美味しいお店です。
場所は・・・内緒にしたいんですが(^^;まあ、インサドンの入口付近と言っておきましょう♪
どーです、このコックさんの見事な麺さばき!見るだけでも生つばゴクンと・・・
c0018642_22233149.jpg

今までは、ウルジロ◎街の交差点付近にある「安○荘」という韓国式本格!中華店を愛用してきたんですが、今回ここで食べてチャジャンミョンは今度からここにしよう!と決めました(爆)
c0018642_22261369.jpg

自慢じゃあないですがー、留学中はもう、食うもんなくなるとペダル(配達)のチャジャミョン。もうとにかく冷めてもあんまり味が変わんない(その点、冷めたチャンポンミョンは食えたモンじゃない!)。当たりはずれが少ない(だけども本当に美味しいのは少ない)・・・などなど、韓国人もビックリ!っていうくらい食ったなあ。変り種のカンチャジャンとかチャジャンパプ(飯)とかも・・・。おかげで帰国の頃には見るのもイヤになりました(激爆)

だけど・・・韓国に行くと、つい食べたくなっちゃうんだよねえ。これは黒味噌餡が甘からず辛からず、手打ち麺によく絡んで絶妙でした(^^)一緒に頼んだタンスユッ(韓国式酢豚)も美味しくてグー!オススメのお店です。
[PR]
by cookie_imu | 2008-01-08 22:33 | 韓国酒・ごはん