あるびん・いむのピリ日記

cookieimu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:カン・ヘジョン ( 4 ) タグの人気記事

『ハーブ』舞台挨拶

1月13日(土)、テグ中央劇場にて。

ヘジョンちゃんの「新顔」が良く分かる舞台挨拶です(^^)
[PR]
by cookie_imu | 2007-01-15 16:36 | 韓国映画・新しめ

『ハーブ(舞台挨拶つき)』

昨日11時間近く寝たというのに、気分がスッキリしません。体が重いんです。でも、今日はヘジョンちゃんの舞台挨拶があるから、なにが何でも映画館に行かなきゃ!と痛む節々をなだめつつ、市内に向かいました。
c0018642_22354633.jpg

この映画はヘジョンちゃんにとっては『トマベム(邦題・とかげのかわいい嘘)』以来の新作で、しかも“恋人”チョ・スンウが演じた『マラソン』と同工の趣向で、外見は20なのに7歳の心を持った女性を演ずることが話題となった作品でもあります。

 監督は『恋する神父』で日本でも知られたホ・インム。共演はドラマ「ごめん、愛してる」の「アドゥ~ル!」で日本でも有名な(いや・・・その後『クァンシク・・・』や『暴力サークル』などでも良い演技をしてるので、いい加減これは失礼ですね^^;)チョン・ギョンホ。他に、ヘジョンちゃんのお母さん役として、コ・アソンちゃんやペ・ドゥナが活躍したドラマ「震える胸」でお母さんをこれまた好演したぺ・ジョンオクらが配されています。

ああ・・・辛口・ネタバレありです(--;
[PR]
by cookie_imu | 2007-01-13 23:11 | 韓国映画・新しめ

『トカゲ(トマベム)』DVD発売!

スンウ君とへジョンちゃんのカップルが織りなす、この可愛らしいファンタジック・ラブメロのファンとしましては、発売を首を長くして待っていました(^^)
c0018642_2324831.jpg

映画は興行的には今ひとつで、主演二人の仲もその後いろいろに取り沙汰されていますが・・・それはともかく、スンウ君が本当に、「人を大切に思う」ってどういうことか・・・を真剣に、そして純粋に演じている、そしてへジョンちゃんもそれに真っ直ぐ答えている、そんなこの映画が僕は大好きなのです。

サプリメント・ディスクには主演二人へのインタビューを始め、特典盛りだくさんではありますが・・・パッケージはややあっさりとしたもの。私としては映画のシナリオ・ブックレットなんかが欲しかったなあ。興行的にヒットしないと、内容も縮小気味なんでしょうか・・・(T^T)
[PR]
by cookie_imu | 2006-07-20 23:30 | My御贔屓韓国俳優

『トカゲ』(舞台挨拶つき)

封切りの翌々日の土曜日、ヒッキーさんとソウル劇場にて鑑賞しました。
c0018642_13223881.jpg
舞台挨拶は、『トカゲ』は上映前でした。女性の司会者が登場し、「みなさーん、この映画は何ですか?」「トマベーン!」「主演は?」「チョ・スンウとカン・ヘジョン」こんなやり取りをする必要があるのか・・・と思っていたら、『裸足のキボン』の時には舞台挨拶を知らずにぞろぞろ帰ろうとする人もいて、なるほどと納得でした。
c0018642_1520911.jpg

さて・・・司会の紹介とともに、割れんばかりの拍手の中、ご両人登場!(^^)だけどこれがなんとなく恥ずかしそうに、ちょっと距離を置いているんですなあ。気を遣ってるんでしょうか。もうちょっと寄り添ってもいいのに・・・と思ったんですが、ヘジョンちゃんはともかく、スンウ君は頑ななほど「間」を取っていました。何でかな・・・一瞬、不仲説は本物か!?なんて、不謹慎なこと考えましたが、映画を見たら「距離を取った」理由がなんとなく納得いきました。挨拶自体は本当に短く、二人とも観客にお礼を言って終わり。質疑応答もありませんでした。きっと、次の劇場に移動するためだったのでしょう。あっ、ヘジョンちゃんは「小顔」ですごく可愛かったんですが、別に不自然な顔ではありませんでしたよ(^^;
c0018642_15562364.jpg

映画については、多くを語ることは避けますが、『トマベム』の前半が長い、まるでトカゲの尻尾のようだ・・・と評して★☆だったシネ21の巻末評論家のような人もいますが、私は、あれはクライマックスへと一気に盛り上がる最後の三十分、そこに振りかけた「ファンタジイ風味」を、最大限リアリティーあるものとして生かすために必要な時間だったと思います。そこには、二人の家族を含む人間関係や自然の風景が、丁寧に、丹念に描かれています。この部分で交わされる、主演二人の「表情だけでの会話のやり取り」は最高です!役柄上とは言いながら、やはり愛し合っているもの同士しか交わせない「視線の会話」が堪能できるのですから・・・。私的には、もうこれだけで★★★ですね♪ぜひ、早く日本で公開されることを望みます。
[PR]
by cookie_imu | 2006-05-02 13:25 | 韓国映画・新しめ